<-- -->
2015.09.22 Tuesday

SONAR PLATINUMの分解能

0
    基本的なところに戻って
    SONARの分解能について考えてみる。

    デフォルトの分解能は 1拍960Tick ≒ 1000Tick
    テンポ(BPM)60 のとき1拍 = 1秒 → 1Tickは約1ミリ秒
    正確に1Tickが1ミリ秒になるのは…

    1Beat = 960 Tick
    で、
    1Tickが1ミリ秒になるのは
    BPM が Bert Per Minute → Beat Per 60sec
    だから
    60000Tick / 分 のとき、
    960×X / 分 = 60000 のときだから
    BPMに62.5のときになる。
    …はず。



    1tick〜5tickのズレの音は
    両方のスティックで同時にたたいた時に出る感じの音に近い感じがする。
    俺レベルではズレとしては認識できない。
    よーーーーく聞いてちょっと同時じゃないのかな?って思うくらい。

    10tickのズレでおやっ?と思い始めるくらいかな。

    20tickのズレはさすがにわかる。

    今回1tick=1msに合わせるようBPM62.5にしているけど、
    ヒューマナイズ的な意味で使う場合
    バラードでなければBPM120以上になることのほうが多いので、
    20tick未満くらいは使えるというところかな。

    JUGEMテーマ:No Music, No Life


    2015.09.03 Thursday

    SONAR PLATINUMを使ってみる

    0
      届いたSONAR PLATINUMを使ってみる!
      SONAR 6 PRODUCER からの移行で
      SONAR 7, SONAR 8, SONAR X1, SONAR X2, SONAR X3 と
      5バージョンもスキップしてしまったけども、
      プロジェクトファイルがそのまま開いて編集できるのが良いですね。

      しかし、vstプラグインはまだ入れていないので、そこはエラーになってしまう。
      プラグインが見つからない
      SESSION DRUMMER2 がなくなってしまっているのは非常に残念。
      しかし、別のドラムが採用されているようなので、
      こちらに期待するとしよう。
      SONAR 6のほうから無理やり持って来れば使える気がしなくもないけど、無理はしない。いまのところは。

      Lexicon のリバーブは多用していたからこれも残念…。
      他のプラグインを確認して使っていくことにしよう。

      そのまま開ける

      しかし5バージョンもスキップすると
      画面の感じが違いすぎて分からーーーーーーん!

      とりあえずそのまま再生してみたけど、
      ミックスしたときの音量限界超えるようなところが、
      クリップノイズ出まくらずに音量小さくなってる気がする。
      気のせい?気のせいじゃない気がする。
      コンプレッサーがかかったようになって…、
      クリップノイズよりは良いのかもしれんけど、
      どうなんだろう…。慣れれば平気かなぁ…。

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      Calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      フリースペース
      祝!給食当番 iTunesデビュー
      東亜蚊又もiTunesデビュー!
      ブログランキング
      人気ブログランキングへ
      twitter
      楽天
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM